西浦魚罾


平湖は江南では物産が豊かな地方だ、漁民の漁業生産は比重が大きく占めている。従って、西浦魚罾も古代の“東湖十景”の一つになっていた。魚罾は竹で支える方形の魚網だ。

風景区は全面積は約53946mだ、景区は小瀛洲、東湖魚村などがある。小瀛洲は装飾用の高木、低木を植える植物を主とする。鏡漪堂を再建することになっている。釣鼇台を設置し、“魚楽国”碑を樹立し、漁民と関係がある生産と生活の伝統実物だ、州の以外に歩くために長い回廊を造った。東湖は三方に水を巡らし、観賞区、釣鼇台センター、釣り区、湖上の主な景観から構成された。春のピクニック、夏の暑さを除去される、非常にエレガントな環境で、観光とレクリエーションに最適な場所になった。