鵡湖春色

鵡湖は東湖だ、“鵡湖春色”は八景の第一位だ、東湖の春の風景は広く一般を指す、湖は長さが280m、面積は約15984mだ。ここの風景は初月軒、街花廊、風帆小広場などがある。ここは人々がレクリエーションの空間だ。最初、建築したのは東湖風帆小広場だ、面積は約3996mだ。叔同通りの東端に、園林の解放通りから東に向いて、湖の中にホワイト風帆形の彫塑があり、すさまじい勢いでひたすら躍進していることのシンボルだ。“順風満帆”の祝福の言葉を述べている。小広場には流線型的な湖畔、階段式のほとり、楕円形の広場、八組カラー街灯、木で造った環状ベンチ及びグリーン空間、ここは絶対東湖の春景を観賞する良い場所だ。