塔影垂虹

悠久の歴史の報本塔院和東西塔橋は東湖観光地で主な風景の一だ。面積は約33966mだ。鸚鵡洲上の報本塔は平湖では現存している一番古い建築の一つだ。

報本塔は通称が“平湖宝塔”または“東湖宝塔”である。明朝嘉靖42年(1563年)に造った、邑人陸杲で司った、“天地は万物の本”の観念を影響して、報本塔が命名された、現存している塔は清康熙27年(1688)邑人葇で司って造った。塔はレンガと木で構造された、八面五階、基地から構造体の合計身長は49.39メートル。今、浙江省の文化遺産保護部門になった。2002年、報本塔に“明鄭和款園瀞金粉書『妙法蓮華経』巻”等貴重な文物だ。塔があって寺になる。報本寺は州の上に報本塔があるので、その名前を取る。報本寺は仏教の聖地として、明朝嘉靖時代から、歴代の有名なお坊さんが住持して、お参りも盛んだったが、その後、1937年11月の戦乱の時に破壊された。改革開放後、平湖市政府は報本寺を復帰しに建設することを批准して、改めて計画して、歴史の本の姿によって、大体、南と北二つ区域に分かれる。南区は寺と塔院を主体とする、北区は静綺園、春暉館から構成される。報本寺は2006年5月に空前の盛況の仏歓迎式と仏教開眼式を行っていた。平湖の仏教歴史の重要な事柄になっている。さらに、報本寺は輝かしい宗教のニュアンスを凝らされている。