九龍遊珠

風景区は東湖の大瀛洲にある、通称“大湖墩”である、この前、東湖公園と言われた。ここは平湖では一番古くて、豊かで文化的な意味が合うリゾートだ。面積は約10656mを占める。明朝嘉靖37年(1558年)平湖知事陳一謙は沖積した土砂や瓦礫で東湖の中を埋めて、小さい島になって、瀛洲と命名された。その年の10月陳一謙は皆を登州に遊びに招いた。水の流れが迂回して、遊龍が遊び戯れるみたい。大瀛洲は平面鏡のように、九本の川は洲の周りに旋回していて、“九本の龍が一つ真珠と一緒に遊びのようである”民国17年(1928年)大瀛洲の中に“中山林記念塔”樹立していたが、日清戦争の時、弄珠楼が取り壊された。解放後、人民公園を創立されて、その後、東湖公園を改名した。2004年大瀛洲には李叔同記念館、彫像などを築き上げた。現在の主な景区は李叔同記念館、弄珠亭、中山林記念塔、李叔同彫像などがある。