含珠凝暉

風景区の面積は約21312mだ。東湖広場に中心して、マリーナ、大規模な音楽噴水、親水平な台、大規模な“膜構造”回廊、緑坂大芝生、銀杏苑、光ファイバーマップ等機能部門を含める。入口には“含珠凝暉”を主な彫塑をして、これは金平湖の発展と未来のシンボルだ。両側には“良渚文化”、“陸績懷桔”、“文廟講学”、“紅楼出海” 4組の彫塑と浮き彫りがある。全体的な環境スタイルは現在と伝統の有機的な協力を体現している。自然な環境と人間環境の完璧な一致し、歴史と文化の続きを伝える。風景区のすぐ隣に繁栄的なビジネス区域に解放通りと人民通りがある。そして、とても便利で、人々のために理想的なレクリエーション空間を提供している、平湖の“小外”と称賛される。