北原牧唱

風景区の純面積は約63936mだ。風景区の入口に巨大な石がある。上には費孝通先生自筆の字句が“北原牧唱”を書き記している。明朝時代の李東陽は東湖十景の『北原牧笛』を賞賛する時に“北原草青牛正肥,牧児唱歌牛載帰。児家在原牛在坂,歌声漸低人更遠。山蒼茫,水清浅。”と書き込んだ。平湖北部は広大な草原が果てしなく広がっていて、牧童がウシに乗ってゆっくりと歩いてくる生活画面が詩歌や絵画の境地を持つことを描写している。風景区には主な景観は北原つり橋、水郷牧歌、水田霧森、梨花舒雪、玉蘭含笑、梅溪竹径、銀杏森林等がある。それは東湖の翡翠と言われる。人々はここを杭州西湖の隅に喩える、“天然の酸素バー”だよ。