案山暁翠

風景区の純面積は約70596m2だ。元々東湖の付近は平原であって、山の丘がなかったが、北宋の時代、海塩県知事は魯宗道さん(966-1029)が任期している時、二度この湖に来る時、麗しい東湖の風景を見ると、非常に好きになった。もし、将来、役人にやらないと、案山暁翠に来て暮らしたいと思っていた。その後、政治に参加して、退任後、果たして、案山暁翠に定住していた。しかも、“四皋園”と言う建物を造った。南皋園は六里塘の南にある、景観を建てるために、平地に川を掘って、掘った土で小山が積まんで、山の形は幾案(古代の机)みたいので、案山と言う。

東田社鼔の舞台、レーザー音楽噴水、百メートル金砂浜、風鈴広場、鳩亭など景観を風景区の中に置いている。