東泖雲帆

観光地は東湖の北部に位置し、向こうは東であって水の隣に立ち、全体長さが約700メートルの生態景観回廊を持つ、面積は42ムーであり、「清風」観光回廊、四角観光「華亭」、「耘廬」茶楼等の観光建築がメインエントランス広場として設けられ、その中には「平湖十詠」、「東湖賦」という二つ石簡景壁があり、「親水、生態、レジャー」という特徴が十分に表現され、東湖は東泖により自ら出現したものであり、東泖雲帆が長い歳月を目撃し、潮の浮き沈みが東泖に計らないほど巨大な変化をもたらし、緑色と人文雰囲気が豊かな園林景観湖畔観光地である。